オリジナルキャラと私の7日間

トラジャの #オリジナルキャラリレー をそのままにしておきたくない!

という私の勝手な想いから、沼落ちブログ風のはてなブログを作成しました!

1部フィクションです!

それではどうぞ!

 

 

 

5月18日21時。

私はいつもみたいにInstagramをパトロールしていた。

すると突然TLに現れた謎の男。

 

「私こんな人フォローした覚えない。どうせ、寝ぼけてフォローしたんだろう。」

そう思っていた。

その男は「チャック・チー」という名前で、どうやらアジアのアクションスターらしい。

現在「キックマシーン3」という映画の宣伝で日本に来ているらしいが、コロナは大丈夫なのだろうかと不安になった。

そんなことより、「キックマシーン3」という映画がシリーズ化されてることを初めて知った。

私は彼の顔も名前も知らなければ、当然この映画も知らない。

映画は見る方だが、なぜここまで知られていない映画が3まで続いているのか疑問に感じた。

 

日本で最も好きな場所が横浜中華街。

 

知らねーよ。

 

私は彼がどんな人物であるのか気になり、さらに読み進めていった。

するとそこには"オフィシャルサイト"の文字。

早速彼の言う「アイランドTV」を調べてみた。

画面いっぱいに映るチャック・チーの姿。

カタコトな日本語で頑張って喋る姿に、つい目が離せなくなった。

どうやら彼は日本をかなり愛しているらしい。

彼は好きな食べ物に、日本人でも好みが分かれるとされる「塩辛」をチョイスした。

てっきり横浜中華街が好きというなら中華でくると思ったが、そうではないらしい。

 

これが私とチャック・チーの最初の出会いだった。

 

しかし私はこの時気が付いていなかった。

これが最初で最後の出会いであるということを。

 

 

5月19日21時。

私はいつも通りInstagramをパトロールした。

昨日チャック・チーが現れた時間。

そういえばチャック・チーのアカウントは

travis_japan_official

だったな…。

そう思いながら私はアカウントを開いた。

 

そこにいたのはチャック・チー

…ではなく丁髷姿にドライヤーを手に持った男の人。

"サムライ"と書きたかったのだろうか、字が反転している。

アカウントを間違えたのかもしれないと思っていたが、その下にはチャック・チーの姿。

 

「このアカウントはチャック・チー以外の人物も登場するのか?」

 

何がなんだがよくわからずに、彼の投稿をチェックした。

彼の名前はラストサムライJrで、美容室や人のためになることをしていると書いてあった。

 

不安である。

 

そもそもなぜ美容室だけ分かれて書いたのか。

あとそれは美容室の役に立つのか、美容師として役に立つのか。

おそらく後者だと思いたいが、でも不安である。

それにしても三枚の写真全て同じ表情だが、彼に感情はあるのだろうか。

 

そう思いながら、今日も彼のことがわかるらしいアイランドTVを見ることにした。

 

サムライという名前の通り、現代の機器に使い慣れていないのだろう。

彼はすごい見にくい撮り方で動画を投稿していた。

その撮り方はスマホを180°回転させないと大きくならないやつだ。

そして相変わらずの表情と彼の仕事はAIかと思わせた。

 

チャック・チーにラストサムライJr…

もしかしたら明日も同じ時間になにかがあるかもしれない。

こうして私はさらに興味を持つようになった。

 

5月20日21時。

今日もこの時間がやってきた。

私は昨日と同様アカウントを開いた。

 

「やほ!しめちゃんです!」

急に友達かのように現れた彼。

しめちゃんとは誰だ?と思ったのも束の間。

今日は彼が友達を紹介してくれるとのことだ。

しめちゃんという人物の友達はどうやらヴァンパイア。

ハリー〇ッターの雰囲気もあるが、確かに口元には血の付いた後が見える。

しかし、どうやら彼の口元に付いているのは血ではなくケチャップらしい。

最後はケチャップとマヨネーズどっちが好きか聞いてきた。

 

私はケチャップが好きだ。

 

彼のこともアイランドTVで知れるそうなのでさっそく見てみた。

 

彼がアメリカの高校生だということは、友達のしめちゃんから聞いてはいたが、まさかこんなに日本語を流暢に話すとは想像もしていなかった。

ファーストインパクトが強すぎる。

さらに日光、ニンニク、十字架というヴァンパイア撃退の3大武器でさえも彼には効かないらしい。

モブキャラと言っておきながらラスボスのような癖の強さについ笑ってしまった。

 

しかし最後の一言「ヴァンパイア…」により私の心は完全に射止められてしまったのだ。

ラスボスのような特徴なのにモブキャラだから名前が無い、でも外ハネが素敵で中性的な顔。

この日から私はヴァンパイアの彼から目が離せなくなった。

 

5月21日21時。

今日もこの時間がやってきた。

なんだかんだ密かな楽しみになってしまっている。

これもチャック・チーのお陰かなと思いながらInstagramに手を伸ばした。

 

 

そしてそっと閉じた。

ヴァンパイアを紹介したアカウントがあんな癖の強い人物を紹介していいのか。

見間違いだと思いたいが、そもそもこのアカウントはヴァンパイアが例外なのである。

 

そこに写っていたのは星宙三園さんという人物。

どうやらバレエ団員らしい。

美しい顔のラインに、3つのピアスが光る彼はきっとそこら辺のバレエ団員と一緒にしてはいけない。

なぜなら、彼は7時間のバレエ留学を経験しているからである。

今まで7時間留学をしていた人物はいただろうか。

彼の修行はきっと凄まじいものなのだろう。

 

そんな彼もマイナスな面ぐらいはあるようだ。

ナルシスト。

確かに雰囲気で何となく伝わる。

では動画だとどうなのだろうか。

 

 

……やはりナルシストだった。

常に自分を気にしてらっしゃった。

それだけではない、まさかの団員2名。

私は彼が心配である。

「早く世界が私のものになればいい」

と三園さんは言うが、その前に早く多くの人に三園さんの存在を知ってほしいと願った。

ナルシストな面はスルーしておこう。

 

5月22日21時。

私はタケルという人物に出会った。

彼はアメリカのマジシャンらしい。

写真を見ると彼は人の顔が写ったトランプを手に持っている。

マジックをするために生きてきたとでも言うようなその雰囲気。

私は説明欄を見ないでそのマジックを堪能すべくアイランドTVを開いた。

 

あれ、タケル。

もしかして。

マジックできないの?

 

そこに映る彼はマジックを披露するも失敗ばかり。

初めから期待しなければよかったと思いつつInstagramを見ると、

「マジックは失敗ばかり」の文字。

しっかり書いてあった。

これはタケルのせいではない、私のせいなんだ。

タケルに心の中で謝ってこの日は寝た。

 

5月23日

私は今アイランドTVを開いている。

まだ21時にはなっていない。

しかし、突然タケルがアイランドTVにてマジックの動画を投稿したのだ。

昨日の動画を見る限り、マジックの成功には相当な時間がかかりそうだったが大丈夫なのだろうか。

心配しながら、動画を再生した。

 

そこに映っていたのは丸を作った指の間に500円玉を出現させるタケルの姿。

急な成長にびっくりしてしまった。

何回見てもトリックが見破れない。

徹夜で練習したのかな。そう思いながら何度も見てしまった。

 

ー彼がヴァンパイア同様アメリカ人でありながら、日本語を話していることに気がつくのはもう少し経ってから。ー

 

21時。

正直タケルの成長ぶりに満足のいった私は、特に時間を見ていたわけでもなくInstagramを漁っていた。

すると突然現れた昭和感の漂うレコードのジャケ写。

誰が昭和を懐古したのだろうと思いつつアカウント名を見ると、そう。あのアカウントだった。

 

千年先まで延びる子で千年延子という名前の彼女は、初主演映画・初主題歌の新人賞をWで受賞したというのだ。

しかしその映画と曲名を私は知らない。

一体どこで有名になったというのだろうか。

それに映画のタイトルが「幻の右肘」というそうだ。

とっても気になる。

ちなみに私の好きなレコードは"セロリだって食べれるもん"である。

 

彼女も一本の動画をあげていた。

 

どうやら彼女は昭和の時代から令和に来たらしいが、自撮りが上手すぎる。昭和でも自撮りが流行っていたのだろうか。

さらに彼女はタピオカが大好きらしい。

千年延子ちゃん可愛いなぁと思いながら動画を見続けていると、彼女の好みがわかった。

金平糖と見せかけて砂肝が好きだと言うのだ。

金平糖が好きというのは事務所に言わされてるとのことで、昭和の事務所はなかなか細かいと思った。

 

そして彼女はとにかく笑い方の癖が強い。

時々喉の奥から出るその笑い方に、男性か…?と疑問を持ったが、いいや違う。

違うと思いたい。

 

 

そんなことを思っているうちに5月24日になった。

私の県ではここ数日の間に緊急事態宣言が解除されて、制限のある生活から少し解放されたように感じる。

 

今日もこの時間がきた。

 

今日はいつものアカウントに一人の男性がギターを弾いている写真だった。

猫のギターストラップが可愛く、自粛生活を自分なりに楽しんでいるのだとわかる。

この人は松倉海斗というらしい。

彼の家には小人がいるとのことで、写真を見ると確かにギターの上に座る小人が確認できる。

ピンクの物がある場所に現れるという「オジイモモスキー」、なんだかこの容姿の小人はあまり好きではない。

ただの酔っ払ったおじさんではないか。

 

彼の詳細は小人図鑑で確認ができるそうで、アイランドTVという名の小人図鑑を開いた。

 

松倉海斗という男性が映画を見ている映像から始まった。彼は涙をピンクの服で拭っている。

せめてハンカチにしてほしいが、伏線だと思って黙ってスルーした。

 

その後はなぜかお風呂のシーン。

松倉海斗という男は成人男性だと思うが、それにしてもお風呂の歌が教育番組向けである。

そしてカメラアングルが変わると急に陽気な音楽が流れ、オジイモモスキーの姿が映った。

お風呂から出てきた松倉くんに少しときめいたのは伏せておこう。

 

すると画面が真っ暗になり、松倉くんが恐怖体験について語り出す。

彼は動画配信者なのだろうか。あのInstagramに写っていたギターを持って曲を歌い出した。

どんな曲を歌うのだろうと耳を澄ますと、ワンフレーズも歌わないまま曲が止まり現れたのはあのオジイモモスキー。

 

正直に言う。

私がもし一人の時にオジイモモスキーと遭遇したら、確実に通報する。

 

そんなことを思っていると、動画はオジイモモスキーの紹介をして終わろうとしていた。

オジイモモスキーはあんな見た目なのに竹下通りに生息しているらしい。

人通りの多い竹下通りに小人がいたら確実に踏まれるだろう。

そこら辺は大丈夫なのだろうか。

大人しく松倉くんの家にいた方がいいと思う。

 

こうして私は、我が家にオジイモモスキーが出現しないことだけを考えて寝た。

 

 

 

気がついたらチャック・チーの出現から一週間が経った。

今日はどんな人に出会うのかワクワクしながら21時を待った。

するとそこには、チャック・チーに似た人物が「夢のHollywood」と書かれたボードを持って写っている写真。

彼の名前は宮近海斗というらしい。

Travis Japanというグループに所属している彼は、彼らのオリジナル曲を紹介していた。

ストーリーでも紹介されていたこの「夢のHollywood」という曲をYouTubeで聞いてみた。

そこには横浜アリーナでステッキを持ちながらタップダンスをする姿。

 

あれ、思いっきり首を傾けている彼。

ラストサムライJrにそっくりでは?

それはどのメンバーにも同じことを思った。

明るい髪色の彼は私が先週好きになったヴァンパイアにそっくりだし、

客席を見ながらうっとりする彼は星宙三園さん?

「俺たちの二幕」と歌う彼らは昭和から令和に来た千年延子ちゃんと、強烈なインパクトをもたらしたオジイモモスキーに見える。

さらにニコニコしながら楽しそうにパフォーマンスする彼は、どこからどう見てもタケルである。

 

これは幻なのだろうか。

 

一糸乱れぬシンクロダンスに、楽しそうな雰囲気。私はこのTravis Japanというグループに完全にハマっていた。

そして、気がついたら彼らの夢であるHollywoodまでの道についていきたくなっていた。

 

これはあの7人が私に届けてくれた素敵なプレゼントに違いない。

 

 

また彼らに出会えることを願って。

 

 

 

※このお話はフィクションです。

※実際の沼落ちとは異なります。

※真面目にふざけました。